pic01.png
pic02.png
pic03.png
pic04.png
pic05.png
pic06.png

IT導入補助金なら、総費用の最大75%まで補助

中小企業・小規模事業者様を対象に、ITツール導入の費用の一部が補助されるIT導入補助金。
補助率は費用の最大3/4となり、下限30万円〜上限450万円の金額が補助されます。

ファセテラピーのクラウドサービス

 

代表的ITツールNo.01

非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムとは?

エステティック業の事業所にて、エステティシャンによって顧客に対して行われる業務プロセスを、クラウド上でのWebアプリケーションとして実現可能にしたソフトウェアです。

サロンにてサービスを受ける顧客に対して、個々の環境で、日常的に自ら施術(美容マッサージなど)を行い、顔写真撮影によって記録する機能を提供します。また、独自のアルゴリズムにより美容上の課題の分析が記録され、参考にすることができます。

エステティシャンに対して、担当する顧客の記録およびアルゴリズムによる分析を参照する機能と、アプリケーション上で施術のサポートとカウンセリングを実施し顧客に文字情報で提供する機能と、カウンセリング結果をカルテとして記録する機能を提供します。

導入事業所では、顧客へのカウンセリングの実施記録の閲覧により顧客対応履歴の全社共有が可能となり、効果的な知識共有が見込まれます。

エステティシャンは、顧客のカウンセリングの履歴を簡便に閲覧できることにより、顧客の分析が容易となります。さらに、アルゴリズムによる分析を参照することで、分析の精度向上が見込まれます。また、カウンセリングによって効果的な施術・化粧品・機器の販売提案が可能となり、顧客の満足度の追跡に応じたアフターケアを施すことが可能となります。

個別デモのお申込みはこちら

<システムが対応する業種>

❶美容・ヘルスケアー業 _Beauty and healthcare

❷生活関連サービス業 _Life related service industry

安心・安全のクラウド環境

非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムはクラウドサービスのため、メンテナンスやハードウェアの導入は必要ありません(クライアントを除く)

ファセテラピーの非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システム

 

非対面ビジネスモデルへの転換に対する具体的な活用方法

従来、エステティック業の主たる業務であるカウンセリングおよび施術は事業所にて対面で行われてきましたが、本ソフトウェアは非対面にて当業務を実現しており、ビジネスモデルの転換に活用されます。オンラインでのソフトウェア利用により、顧客に対して、遠隔でエステティシャンのカウンセリングおよび施術サポートのサービスを提供することが可能となります。

 

テレワーク環境の整備に対する具体的な活用方法

従来、事業所による対面でのサービス提供が前提となっていた従業員(エステティシャン)が、本ソフトウェアにより、非対面・遠隔で顧客に対するサービスを提供することが可能となるため、エステティシャンのテレワーク実践環境を整備します。エステティシャンは本ソフトウェアを通した顧客へのカウンセリングおよび施術サポートを行うことができます。

導入支援/ 運用サポート

ファセテラピーは、非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムの導入支援サービスや運用サポートサービスをご提供しています。

 

◎非対面型美容カルテ管理システム導入検討サポート

お客様の現状業務内容や課題、ご要望等をヒアリングし、無料デモセミナーや30日間の無料トライアルを通じて、導入に向けた検討フェーズと導入可否のご判断をサポートします。(無料トライアルの後、さらに検証が必要な場合で、トライアルを延長される場合には、有料トライアルをご利用いただきます。)

 

◎非対面型美容カルテ管理システム導入支援サービス

非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムを採用することが決まった場合には、導入コンサルティング等を実施する導入支援サービスをご提供します。(個別お見積り)

◎非対面型美容カルテ管理システム運用サポート

非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムをご導入いただいた後も、運用サポート契約(有償)に基づいて、非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムによる業務運営のサポートや、業務内容の変更等に伴う非対面型カウンセリング・クラウドカルテ管理システムの利用方法の見直し、技術的なご相談等に対応します。

個別デモのお申込みはこちら

●株式会社ファセテラピーによって特許取得済みの技術の本ソフトウェアにおける 実装である。

参考文献: 株式会社ファセテラピー. 鈴木理絵子. 触質情報処理装置および触質情報処理 方法.

特願2018-515325. 2020-01-07 • 触質の定義 参考文献: 鈴木泰博. 触譜を用いた感性のIoT化と感性インフォモーションへの応用. 日 本AEM学会誌, vol.27, no.4, pp.396-401, 2019 

 
midasi_sysyem02.png
midasi_system01.png
midasi_sysyem02.png
systemzu.png
 
midasi_sysyem02.png
price01.png
midasi_sysyem02.png
price02.png
 
pic07.png

PDF版の閲覧、印刷に関する注意事項

PDF版の閲覧、印刷には、Adobe Acrobat または Adobe Acrobat Reader が必要です。Adobe Acrobat Reader は Adobe 社のホーム・ページから入手できます。

PDF版の印刷にあたっては、ポスト・スクリプト対応プリンターでの印刷を推奨いたします。ポスト・スクリプト対応プリンター以外のプリンターで印刷する場合には、印刷メニューで高解像度(グラフィック・モード)での印刷を選択してください。テキスト・モードで印刷した場合は、文字がかすれることがあります。